板前寿司ロゴ RSSフィード サイトマップ メディア関係者の方へ ご意見箱

東日本大震災復興支援
~今、私達にできること~
 [現地レポート 2011.07.19-20]

「東日本大震災」により被災された方々に慎んでお見舞い申し上げます。
(株)板前寿司ジャパンでは「がんばれ東北!つながれ日本!そして世界へ!」を合言葉に、また弊社代表の「明るく前向きなエネルギーを作り続ける事」という言葉のもと、復興支援とういうメッセージを発信し続け、輪を広げ、今の私達が出来る事を実践し形にしていきます。

先日、現地視察に行きました。復興がはじまっているという情報を得ていましたが、実際に大船渡・陸前高田・気仙沼で見た光景は言葉を失う程の現状でした。私自身、初めて見る光景、僕達の知らない直後の状況のお話に胸が詰まる思いでした。復興にはまだ時間が必要と感じました。

しかし、現地でお会いした方々からは、前向きなエネルギーを感じる事もできました。市場で働く方々、水産業の方々、小学校の児童、小学校の先生方。皆さん、頑張って、笑顔を振り絞って、本当に前を向いていました。

僕達はこのエネルギーを邪魔する苦難を一つでも払い除けていかなければいけないと思っています。小さな企業、個人、本当にちっぽけな力しか無い、早急な改善に繋がるような事は出来ませんが、今回の震災を忘れず、私達に出来る事を継続的に積み重ねていく事が私達の本当の意味でやれる事だと思います。

いつになるかはわかりませんが、自分自身の目で確かめるまで復興支援というメッセージを発信し続け、全従業員で行動し続けます。

微力ながらも私達の行動が、復興支援に繋がります事を、心よりお祈り申し上げます。

(株)板前寿司ジャパン
店舗運営事業部 事業部長 月木 隼人

盛岡→大船渡

盛岡から入り、大船渡にある【大船渡市立末崎小学校】へ向かいました。 大船渡手前10キロ付近までは、震災の後と思われる光景は全くありませんでしたが、沿岸付近に入った途端、信じがたい光景をまのあたりにしました。 建物があっただろう場所に何も残っていなく、主要な道だけは確保されているものの、あたり一面悲惨な光景でした。 自衛隊・業者によって瓦礫の撤去作業は続けられていましたが、まだまだゼロベースには程遠い状態で、復興にはまだまだ長い月日が必要と感じました。

大船渡沿岸部の光景 大船渡の細浦魚市場の壊滅状況

【大船渡沿岸部の光景】

【大船渡の細浦魚市場の壊滅状況】

いたる所にある瓦礫の山 完全に潰れた車

【いたる所にある瓦礫の山】

【完全に潰れた車】