板前寿司ロゴ RSSフィード サイトマップ メディア関係者の方へ ご意見箱
さざなみ祭り

【打ち囃子保存会の発表】
途中、太鼓の振りが逆手になり何度繰り返してもみんなと反対になってしまう一人の男の子がいました。みんなと合わせようと泣きながらも太鼓と向き合う姿。しかし、演奏終了後には、出来なくて悔しい思いをした顔つきではなく、"最後までやりきった"顔つきで会場を後にしました。私は彼にものすごく感動しました。いっぱい辛い出来事があったけれど、太鼓を通じて最後まで演奏をした彼に盛大な拍手を送りました。わが子のように本当に愛おしく、辛い出来事を早く解決してあげたい、応援したい!そんな気持ちで見つめてしまいました。

東京都江戸川区から「桜姫」の囃子の演奏もあり、気仙沼の伝統囃子を生で聞くことができました。

【全体イベント】
児童とご家族、来賓していただいた方すべての全体イベントに参加。
"じゃんけん列車"は運動会でいつも行なうイベントで、音楽に合わせて、じゃんけんをし、負けた人が勝った人の後ろにつくというゲーム。最初は小さい列車が最後には全員がひとつに繋がる今回のさざなみ祭りのテーマそのもののイベントでした。
また、地元の方ぞ知る、"気仙沼音頭"を一緒に踊らせていただきました。

さざなみ祭り
さざなみ祭り

【児童会イベント】
児童が考案し手作りのイベント。各教室でボーリング・輪投げ・宝探しなどを児童が主体となって運営。もちろん受付も児童が行ない、スタンプラリーのようになっています。
みんなが懸命に作成したお手製のゲームは行列ができるほどの大反響!!大人も子供も楽しめるゲームをたくさん用意してくれました。

【餅つき(会食会)】
ご父母、地域の方の協力を得て児童一人一人が重たい杵を持ちながら楽しそうに餅つきを行ないました。もちろんそのお餅は皆でいただき、また子供達が栽培した枝豆とご父兄が作ってくれた豚汁とを一緒に美味しくいただきました。

さざなみ祭り 児童会イベント
さざなみ祭り 餅つき

【閉会式】
児童、保護者、地域の方からは、感想発表の中で、みんなが「つらい事はあったが今日のような楽しい1日を送れてよかった。」「準備は大変だったけど、みんなに楽しんでもらえて嬉しかった。」という言葉を私達に伝えてくれました。
そして「これからも私達気仙沼は復興に向けてみんなで力を合わせていきます」と最後を綴ってくれた。