<<  板前寿司 WEBサイトTOPへ

情熱開発

【~わずか2カ月間の漁~ 勢子(せこ)ガニ入荷】

勢子ガニとは冬の代名詞、ずわいがにのメスのこと。
オスに比べ体は小さいですが、この時期、見事な卵を持っていて最高の珍味と称されています。
11月から1月初旬の期間のみ解禁された漁の中、浜茹でされ東京を中心とした一部の高級店へ出荷されていく、勢子ガニを「情熱開発」では、あり得ない価格でご提案!

中でも今回は特に身のぎっしり詰まった兵庫県産をチョイス。
勢子ガニは、別名を「香箱(こうばこ)」とも呼ばれ、茹で上げられそのままの姿で木箱へ詰められていきますが、その立ち込める香りのすばらしさからこの名がつけられました。

勢子ガニ丸ごと甲羅盛り

 

勢子ガニ:この見事な外子、量・色合いともに最高!まさに今が旬!!
この見事な外子。 量・色合いともに最高!
まさに今が旬!!

勢子ガニの最大の魅力は体内にある卵巣「内子」と、お腹の房にある「外子」です。 「内子」は見事なオレンジ色をしており、歯応えがあり、非常に濃厚な味。 「外子」は、卵の熟成度によって色が変化しますが産卵直後は鮮やかなオレンジ色。 プチプチとした食感がウリで醤油・蟹酢などを少しだけつけて食べるのが格別。 ごく僅かな季節限定だけあり、高級料理店で¥2,000はくだりません。

 

今回、勢子ガニを
な、なんと、
勢子ガニ丸ごと甲羅盛り
¥980(税込¥1,029)
全店で提供!!
寿司屋の社長がこだわった旬をご賞味あれ!

勢子ガニ丸ごと甲羅盛り