<<  板前寿司 WEBサイトTOPへ

情熱開発

【~名実ともにNO.1~最盛期!! 氷見(ひみ)の寒ブリ】

 

【2012.01.12】

情熱開発第3弾のため富山空港なう!
快晴!! 風もなく本当に穏やか。 途中、新湊にある海王丸パークにて記念撮影。 冬の期間ここまではっきりと3000m級の立山連峰が見える快晴日は1日~2日しかないそう。 ラッキー!!

港へ向かう前に有名な網元へ行き寒ブリ漁の定置網のレクチャーを受けました。 そしてこちらで食べた「氷見ブリカマ焼き!」肉はジューシーで脂が甘い! さすが日本一の品質

氷見ブリカマ焼き
定置網のしくみ
「傷つけず」「逃げられず」富山の漁師が考えた定置網。こんなに複雑!

 

競場にて。無傷の本当にきれいな寒ブリ。
競場にて。無傷の本当にきれいな寒ブリ。

【2012.01.13】

5:30A.M. 氷見漁港なう!
現在マイナス3度。 しかし昨日とはうって変わり外はブリザード。 体感温度はマイナス10度。 寒さと「ブリ」の見た目以上のズッシリ感。 氷水に突っ込んだ手が動かなくなり顔がこわばる。 久しぶりに手の感度ゼロ。!!

【天然のいけす富山湾】

夏、北海道の海で小魚を食べて丸々太った「寒ブリ」は産卵の為に南下をはじめ日本海の荒波にもまれ身がしまり時化(しけ)を逃れて富山湾に入り込む。
そしてここで産卵までの体制を整え、「氷見寒ブリ」は重さ10Kgを超し、脂ののりきった超高級魚となる。

 

【氷見寒ブリの旨みの秘密(1) 魚を傷つけない複雑な網】

氷見独特の定置網により魚を傷つけずに捕獲。 極寒の船上で大量の氷水で「沖じめ」にするため、鮮度抜群!脂がのり、甘味とキリッと締まった食感が口に広がる!

【氷見寒ブリの旨みの秘密(2) 産卵直前】

「魚の旬」そのほとんどが産卵直前のシーズンと言って過言ではない。 まさに「氷見寒ブリ」はその「」まっただ中にいる。

 

「氷見寒ブリ」を板前寿司では、またまた太っ腹値段でご提供!!

極上旬のお刺身5点盛り

な、なんと、野付の殻付ホタテも入り
【極上旬のお刺身5点盛り】
  2,980円(税込3,129円)

 

氷見寒ブリ刺し

もちろん、氷見寒ブリ単品もご用意!
【氷見寒ブリ刺し】
  1,580円(税込1,659円)

 

そして、さらに・・・  この時期外せないあったか一品

 

極上ブリ大根

【極上ブリ大根】
  780円(税込819円)

氷見産ブリの脂の乗った部分だけを使用し、京野菜の高級食材『聖護院(しょうごいん)大根』を使った超贅沢な逸品です!!!

 

全店で提供中!!  寿司屋の社長がこだわった旬をご賞味あれ!